2010年6月11日金曜日

新顔のふりする古いヤツ。

新顔野菜がいつのまにか我が物顔で定着してるかと思えば・・・
こんな古株なのに呼び名を変えて登場してるヤツもいる

茎レタスだって
見たまんま笑えるネーミングだけど乾物売り場でお馴染みの”山くらげ”ってのは
この茎を乾燥させたもの 胡桃和えなんか美味しいよね
外側の硬い皮を剥くと鮮やかな黄緑のやわらかい茎
ほろ苦くてウドのような微かな苦味もある
スライサーで冷水に放ちくるんとさせてフレンチドレッシングでサラダ

4 件のコメント:

  1. ええー
    山くらげの正体初めて知りました!
    山くらげも余り馴染みがない食材ですが…元はこんなちゃんとした?青々しい野菜なんですね。
    びっくり。

    返信削除
  2. イオニさま こんにちは

    アザミの仲間らしいですが・・・
    葉はロメインレタスのようです。
    でも、サニーレタスをベランダ菜園して
    葉を食べながら育てると最後には
    こんな風にもなりますけど。

    返信削除
  3. へえ~、初めて見た野菜です。
    旨そうだから、特に葉っぱの部分、早速探してみます。
    長いこと生きてると、いろんなことがありますね。

    返信削除
  4. だぎんさま こんにちは

    あ~50目前の初キッスとか?
    長生こと生きてると・・・・。

    返信削除