2024年6月13日木曜日

枇杷、豊作。

 いつの間にか始まった6月









でも








もう

半分が過ぎ

今年も半分終わろうとしている

2024年5月11日土曜日

何もかも、高くて買う気がおこらない。

少しやる気がでたので
庭から三つ葉を摘んできて
お昼のお吸い物に

野生なので香りが強く
これに慣れてしまうと
一年中みかける
スーパーのものは
食べられなくなります
それにしても・・・
買い物は1週間か10日に一度しかいきませんが
そのたびに驚きます
まあプリンは無くても食べないからともかく
オレンジジュースは無いし
いろいろなものが高いし悪いし
乾物の消費期限もどんどん短くなっているし
きっと売れないんでしょうね
傷んだ野菜などは廃棄されるんでしょうね
そんなことを思いながらの買い物
なんだかやっぱり落ち込むことばかり (◞‸◟ )


 

安心できる、場所。

 

五月病なのか

老人性の

ウツなのか?

なんにもやる気が

おこらず

ダラダラと過ごして

いました

前回の更新が4月

だったなんて!

すでに一か月近く放置しているので娘から心配されてしまいましたよ

なので少し明るい話題を・・・

この仔がやってきたから1年が経ちますが

一番安らげる場所が決まっています

おっさんみたいですが昔は丸くて可愛かった孫1号

そ~ちゃんのそば

学校から帰って宿題をしていても
一緒に宿題

あんまり長いと

遊んでほしくて邪魔するけど

姐さん気取りで仕切りたがり

この二人?

とにかく仲良し





2024年4月15日月曜日

下を向いて、歩こう。


ここ数日の暖かさ暑さで還暦過ぎのば~さんでも朝から半袖のTシャツで庭を散歩

左手のコーヒーはさすがにホットだけど

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)のど真ん中に種を撒いておいたアスパラガス

食べごろの太さに成長したのでさっそく収穫

頭の上では樹齢60年以上の桜が満開だけど

下を見て歩く静かな週末

足元をしっかり見てたら転ばないんだよ!

2024年4月13日土曜日

高齢者特有の、で片付けるのかよ。

たまご(夫ですが)
割れ(転んでケガ)ました
「またかっ」
「今度はケガですか」
「・・・」
もう毎度のことなので
空を見上げて深いため息しか
ない
本人は言い訳しか言いませんから
たまごのふり見てわが身を鍛えようと決意したくらいです
スクワット続けます下半身大事です
写真?とてもじゃないけど醜くて載せられません
DV妻による虐待を疑われるし顔だけ化け物みたいになってますから
それにしても
何もないところで転んで
手が出ず顔面を強打
本人は
「もう頭割れてると思った」
そうですが
頭割れてたら考えられないだろまったく!
しかも救急車は呼ばないで欲しいと
長女の大活躍で外科に駆け込み
診断は打撲と擦過傷のみ
骨折も無いし歯も全部無事
頭も視力も問題なし(まぶたが腫れて紫色でキモイけど)
死んだと思った(思う時点で死んでねぇ~し)たまごは
「あ~快気祝いだ~」を訳の分からないことをほざいて
朝からあく抜きしていたわらびで日本酒をおいしそ~に飲んでる
なんかすごくモヤモヤする(`Δ´)!



2024年4月7日日曜日

桜、鬱。

 前にも書いているかもしれないが

高齢者特有の物忘れとモノグサで検索する気も起らない



最近のスマホすごいね

ひこうきが写ってるよ!

最新はもっとすごいのか?

私のスマホは

もっぱら孫のおさがりだけど

充分すぎて・・・


世間が桜で騒がしいこの季節

軽くウツになるのは私だけか?

2024年4月5日金曜日

逆走の瞬間、まさかライブで見るとは。

いつもの・・・

走り慣れた道(片側2車線の4車線道路)

大好きな業務スーパーに行く途中の交差点で

停車していたら

たしか・・・日本の車は左側通行だよね・・・

でも

対向車が左から来る・・・えっ・・・

えっ・・・え~~~


しかも赤信号だから信号も無視???

この後はもう交差点がパニック状態とクラクションの嵐

シルバーのプリウスは猛スピードで走り去っていった

もう唖然

その後どうなったかなんて知らないけれど

高齢者かどうかなんて見る暇もなかったけど

まさかの目の前で起きた「逆走」

アタシも還暦過ぎてるから高齢者なんだけど

日常なんだね 

気をつけよっと

2024年4月1日月曜日

哀しき、キンメダイの不漁。

 タイトルが漁師さんみたいだけど

次女からもらった金目鯛(佐島土産)を煮付けて食べたら超~~~

うまかった タコはもっとうまかった

そして煮凝りがたまらんお味で酒がすすむことすすむこと・・・  でも

いつもお取り寄せしている神津島の塩辛屋さんからメールが来て
「現在、沖漬けは材料となるキンメダイやイカの在庫
不足により製造ができない状況でございます。そのため、しばらく販売を中止させていただきます。」だって!
おいおいおい・・・

日本酒150g+砂糖50g→煮たったら金目を投入
再び煮立ったところで
醤油100g加えて落し蓋をして中火で10分したら金目を取り出して
煮汁だけを好みの味に煮詰めたらすぐ食べよう!



2024年3月31日日曜日

佳い一日だったなあ、としみじみ。

 きのうは









春休みの




そーいちろ~が来て一緒に炭火焼肉

お土産はパンケーキのようにふわふわな皮「亀十」のどら焼き

サッポロ一番塩ラーメン

先週に設置した日本ミツバチの待ち箱に週一で蜜蝋をぬるために

来たんだけど

春休みが終わると学校が忙しくて来られないから

「まるち頼む」と・・・

そうだよね
もう高校生

嬉しいような
淋しいような
春は
やっぱり
切ない季節



2024年3月15日金曜日

2024年3月2日土曜日

自分を丁寧に、他の人を大切に。

自分を丁寧に扱ってあげてください

他の人を大切にしてください

スティーブ・ジョブズの最後の言葉にあった一節なんだけど

難しい

すごく難しい








還暦過ぎても食べ過ぎで体調不良なおバカでも

こんなふうに生きられるだろうか・・・



2024年2月28日水曜日

何も食べなきゃいい、そんなことわかってる。

まだ不調だけど食べたいコーヒーも飲みたいから

りんごとラムレーズンとくるみのケーキを焼いた

あ”~ 馬鹿なの・・・

2024年2月22日木曜日

2月の、ふきのとう。

土砂降りの雨の中
今日は食材を買いに出かけた
なぜなら明日から連休で
人込みに出かけたくないから

つい先日
肉を衝動買いしたし
体調も回復していないから
買うものもたいして無いんだけど
それに連休明けには
たまごが腸の内視鏡検査を
控えているから
老夫婦はお粥とか雑炊三昧だし

春だなぁ~


2024年2月20日火曜日

肉の塊を、買いに行く。

 うどんもおかゆも飽きた

控えめに500g弱
弱々しい私にぴったりの量じゃないか

今からコムタンスープに取り掛かる!
って鍋にかけるだけじゃん
出来上がってもキムチをぶっこんで食べられるわけじゃないし
でも肉が
そして揚げ物が食べたいんだよぉ~~~


最後の晩餐、何が食べたいのか。

 

そんなこと考えずに普段から食べたいものを食べておくのがいいと思う

もちろん普段から呑みたい・・・とか

人生の最後なんて時に薄氷の張るような冷えたビールとかふぐ刺しとか食べられないじゃん

もう10日以上もクタクタうどんやお粥さんばかりすすりながら考えた

きっと病院に行っても点滴でしょビールやステーキは出てこない

だからできるだけ普段から好きなものを食べておけば最後も好きなものを食べながら死ねるじゃん!


やまゆきさん作

鴨肉の一皿

美味しかった~のは

今年のお正月(涙)

2024年2月15日木曜日

障子を張り替えた、理由。

まだ気持ち悪い胃腸炎は治らない

断酒までしてるのに・・・

寝込んでた状態は抜けたけどダルい

でもなんか腹が減ってイライラする

食べると気持ち悪いし・・・

そうだ障子を張り替えよう!

働いていた頃は年末になると建具屋さんが来て

綺麗にしてくれてたからね

でももう建具屋さんいないしなぁ自分でやるしかない

大掛かりに全部張り替えようと思ってはみたものの

破れた箇所だけ地味に修理しておわり

イライラどころじゃない疲れたぁ~

慣れないことするからか?





 

2024年2月13日火曜日

年寄りの寿命は残り少ないというのに、時間だけはたくさんあるという不思議。

 先週 おくればせながらの初詣に行ってきました

いつだっていけるだろ~が

と思いますが

これがなかなか時間が無くて

???

???



2024年2月8日木曜日

大雪の、翌日は。

 

朝一番にやることは

これ


凹んでても

しょうがないからね





今日のお茶菓子は
新潟土産の笹団子


窓から雪を眺めながら

いろいろ反省・・・

2024年2月7日水曜日

2月5日は、雪でした。

 



子供は、ちゃんと育っていた。

今年はじめて 心に刺さった言葉「雨が降っても自分のせい」

雨が降ってうまくいかなかったとしても雨が降るかもしれないということに対して対策をしていなかった自分に責任がある 

パナソニックという社名を知っていても松下電器産業を知らない人にとって遠い存在になっている「経営の神様」松下幸之助の言葉

人生で初めての事故の加害者になりました

雪が降って危ないかもしれないということに対して対策をしていなかった自分に責任がある 

まさにこれです 今までにもらい事故は何度か経験してきましたが加害者になったのは初めてです

交差点で停止している前の車にコツンとしました 幸い人身事故という大事には至りませんでしたが 人生で初めて自分の保険を使うので保険料が上がるのが痛いです

娘に気をつけるようにmessageを送信したら「スタッドレスタイヤだから平気」と返事が来ました 子供はちゃんと育っていました


2024年1月28日日曜日

私の名前は、寿限無じゃない。

 

猫じゃない

ポメラニアン

長女(中年だけど)の

相棒

こんな

可愛い顔でねてるけど



良く見ないほうがいいくらい
不細工な顔で寝てることも多い
それもかわいいけど

名前?

ここも ピニャコラーダ イパネバ ボニータ・・・まだ続く

彼女の正式な名前

あらゆる生は不確実であり、絶えず予測しなかったことに出会うもの。

 

小さくて丸かったけど                「デカッ」というほど                  大きくなった孫は                   12月31日の夜遅く                    遠い異国から                     るんるんと                       帰ってきました

そして大晦日といえば                 最近は焼肉とビール                  年越しそばとおせちは                 ないけれど                      やまゆきさんが作った                 手打ちうどんが                    すごぉ~~~く美味しかった鴨も絶品「だった」

そして元旦の昼からは老夫婦だけの静かな・・・                   とはならなかった                                  関東も少し揺れたしマンション暮らしの次女も                    すごい揺れだとメッセージを送ってきた                         地震に慣れていない外国の方でなくても地面が揺れるのは               落ち着かないし気持ち悪いし何度経験しても慣れない                   そんな落ち着かない夕暮れに今度は羽田                       きのう孫が降りた滑走路

フランスのモランというおじいちゃんは長く生きてきて                何を思ったんだろう・・・