2011年1月7日金曜日

古漬け白菜の炒め煮。

京都の方では”贅沢煮”と言われるだけあるよね












手間がかかるし・・・
年末に漬けた白菜に酸味が出てきたので
夕べから水につけて塩抜きしておいた
よぉ~く絞って水分をぬいたら
フライパンに油を入れて炒める
味付けは味醂と醤油で水分がなくなるまで気長に
仕上げに唐辛子を好きなだけ(笑)
これ田舎饅頭とかおやきの具にしても美味しい
それからチャーハンも美味しい
それから・・・

話は変わりますが
娘がスーパーで買った七草セットを持ってきて
ナズナが無いみたいだと言います
たしかに
右下の小さいのは小さなはこべであってナズナではないのです
日本文化にはめっぽう弱い長女でもペンペン草くらいはわかるんですよ
駄目ですよ消費者をバカにしたらイケマセン

ところで古漬け炒めはお酒がすすみますねぇ~

3 件のコメント:

  1. 「無くて七癖」の意味なら分かるのですが。。。
    七草はお手上げです。かぶ(左)や大根の小さいの(その隣)も入れるのねえ!などと思いながら・・・
    検索してみたら~(゛0゛;;全然違いました!
    どうやらスズナ、スズシロのようです。
    お嬢さん、素晴らしいですね!(尊敬☆)
    さすが、まるちさんのお嬢さんだわ。

    返信削除
  2. (追伸)
    スズナ、スズシロは現在名がカブ・ダイコンなんだそう。。。
    正しかったのか間違っていたのか、訳分からなくなりました。(^・^;;

    返信削除
  3. 桃子さま こんにちは

    毒じゃなきゃい~のよ・・・って。
    ウチの子供らは青菜じゃなくて
    雑草をたくさん食べて育ちましたから
    草にはあかるいです
    自慢にもならない話ですが(笑)

    返信削除